子供のワキガに有効な対策はミョウバンで強力消臭

ミョウバン水が使える

子供のワキガに気づいたら、真っ先に心配になるのが学校生活かもしれませんね。

ニオイのせいでいじめられたりしないか、友達を作れなくなってしまうのではないか・・・。

臭いは治らない!できることはしっかりした対策

ワキガは体質ですから有効な対策をとっていても簡単に治るものではありませんが、せめてできるだけニオイを抑えて学校生活に支障をきたさないようにしてあげたいものです。

ニオイを抑えるアイテムとしては市販のデオドラントスプレーもありますが、もっと強力なデオドラント効果を持つのは、ミョウバン。

ミョウバンは実は昔からデオドラントとして使われてきた物質で、例えば古代ローマではミョウバンの結晶である天然塩「アルム石」を制汗剤及びデオドラント剤として日常的に使用していたそうです。

ミョウバンがワキガに効く理由の1つは、雑菌の繁殖を抑制する作用があるためです。

ワキガは脇の下にいる常在菌が脇汗を分解する時に発生するニオイによるものですが、ミョウバンは水に溶けると酸性になるため、スプレーすると脇の下の雑菌にとって住みにくい環境となり、その繁殖を防いでくれるのです。

またミョウバンは複数の金属が含まれており、金属の酸化還元反応によって消臭効果が生まれます。

特に、前述の通り酸性でもあるため、アルカリ性であるアンモニア臭を消臭する驚異的な力を持っています。

加えてミョウバンが持つ制汗作用もワキガ抑制効果に貢献していることが分かっていますが、この制汗作用に関してはどのようなメカニズムによるものなのか、はっきりとしたことはまだ分かっていません。

すぐにミョウバン水を使えるのが望ましい

いずれにしても子供が学校で汗をかき始めたな・・・と感じた時に、サッとミョウバンを吹きかけられるよう、ミョウバンスプレーを持たせておくと良いでしょう。

ミョウバンを原料にした市販の制汗剤も出ていますが、ミョウバン水なら自宅で手作りも可能です。

ミョウバンは100g200~300円で売られているので、1.5~2Lの水に50gのミョウバンを混ぜて作る場合、ミョウバン原液の原価は100円強。

更にこれを使用する時には20~50倍の水で薄めますから、1ボトル2~5円という驚きのコストパフォーマンスになりますね。

ちなみにミョウバンは溶けにくいため、原液を作ったなら1日寝かせてしっかり溶け込ませてから使いましょう。

またミョウバン水にレモン汁や緑茶を混ぜると更に消臭効果が高まります。

ただし、子供の肌に合った濃度を知るために、最初は低濃度にして、少しずつ使用することをお勧めします。