ワキガは早めの有効な対策が必須!子供のワキガを見極めるには?

ワキガを見極める

ふと子供の汗のニオイに異常を感じた時、もしやカワイイ我が子がワキガなのでは・・・と心配になってしまうかもしれませんね。

ワキガ体質は先天性のもので、放っておいてもいつか治るというものではありませんから、子供のワキガに気づいたならすぐに有効な対策を取らなければなりません。

しかし果たして本当に子供がワキガなのかどうか、まずは見極めるためにワキガ体質になる原因や発症年齢についてご紹介したいと思います。

ワキガかどうかはこうやって見極めて!

ワキガの直接の原因は、ご存知アポクリン汗腺。

脇の下や陰部などに集中的に存在している汗腺で、ここから出る汗に細菌が取り付いてあの独特の臭気ガスを発生させます。

このアポクリン汗腺の量は人によって様々で、当然アポクリン汗腺の数が多い人はそれだけワキガになりやすいと言えます。

ではアポクリン汗腺の数はどうやって決まるのか。

それはやっぱり、遺伝によるものというよりほかありません。

アポクリン汗腺の数や大きさ、活動量は残念ながら優性遺伝で、片親がワキガの場合子供に遺伝する確率は50%、両親ともにワキガだと子供に遺伝する確率は80%にまで高まってしまうんです。

従って、ご自身やパートナーがワキガ体質である場合はお子さんもワキガである可能性が50%、更には両方ともワキガ体質であればかなりの確率でお子さんもワキガ体質を受け継いでいると考えなければいけません。

「でも私もパートナーもワキガじゃないし」と安心するなかれ、ワキガは隔世遺伝することもあるようなので、子供の祖父母曾祖父母にまで遡って考える必要があるんですね。

ワキガは見極めるんじゃなくて諦めろ?

先に考えた通り、アポクリン汗腺の量は先天的なものですが、実際にニオイが強まるのは思春期からです。

というのも、アポクリン汗腺を刺激するのは主にホルモンバランスの変化であり、丁度第二次性徴期を迎える思春期にはアポクリン汗腺が刺激され、脇のニオイが強くなり出すのです。

具体的には、男の子なら9~13歳、女の子なら7~12歳頃。

汗腺の発達がピークを迎える16~18歳にはワキガ臭も最も強くなってしまいます。

特に女の子の場合は、生理の際のホルモンバランスの乱れがニオイを更にきつくしてしまうことがあります。

以上のことから、ワキガ体質の家系にあって、しかも子供が思春期に入ったころからニオイが気になりだした・・・という場合には、本当にワキガである可能性が高いと言えます。

更にお子さんの耳垢が湿っている、シャツの脇下部分が黄ばんでいるといった兆候があるなら、できるだけ早くワキガ対策を始めてくださいね。

コメントする