汗っかきかどうかは子供の頃に決まる!多汗症の有効な対策を考える前に覚えておきたいこと

3歳で決まる
「子どもは大人に比べて汗っかき」とよく言われますが、我が子がビショビショに汗をかいて帰ってくると「もしかしてウチの子、多汗症なのかも・・・」と心配になってくる親御さんもいるようですね。

元気いっぱい遊びまわって汗をかくのは良いことですが、何でもない時にまでびっしょりと汗をかく多汗症だと、日常生活に支障をきたしたり学校でいじめに遭ってしまうのでは、と心配になるのも当然です。

多汗症かどうかって3歳までに分かるって本当?

もし多汗症であれば、今から有効な対策をとる必要が出てきますが、そもそも汗かき体質になるかどうかは、3歳までに決まると言われているんです。

人が汗をかくのは、ご存知の通り体の全身にある「汗腺」によるもの。

気温や体温が上昇するとここから汗を分泌することで体温調節を行ってるんですね。

この汗腺、全身に200~500万個あってその数は実は赤ちゃんも大人も同じ。

ただし、全身にある汗腺の全てから汗が出るのではなく、「汗をかく能力」も成長に伴って身に着けるものなんです。

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ汗をかく能力が未発達なので、皮膚にある汗腺は全て汗をかかない「不能汗腺」ですが、やがて体を動かしたり泣いたりといった物理的・情緒的刺激を受けて汗腺は汗をかく能力を取得します。

この汗をかくことのできる汗腺を「能動汗腺」と言いますが、能動汗腺の数は3歳頃に決定され、一生変わらないと言われているんです。

もちろん遺伝もあるが、地域差特有の場合もある

先ほど汗腺それ自体は全身に200~500万個あると述べましたが、そのうち能動汗腺は、日本人で約230万個。

しかしこれはあくまで平均で、実際には生活環境によってその量は前後します。

例えばロシアのような寒い国では能動汗腺の平均数は約180万個。

東南アジアのような赤道付近の暑い国なら約280万個。

つまり暑いところで生活している人ほど体温調節の必要性が高まるためそれだけ能動汗腺量が多くなるっていうわけですね。

ということは、同じ日本でも北海道に住む人と沖縄に住む人では能動汗腺量が違ってくると考えられますし、例え同じ地域に住んでいてもずっとクーラーの効いた部屋で過ごしている人とクーラーのない家で過ごしている人とでは、やっぱり能動汗腺の量に差が出てくると考えられるわけです。

3歳までにできることってあるのかなぁ?

じゃあ子供が多汗症にならないために、3歳までできるだけ涼しい場所に寝かせてあげれば良いのか・・・というと、そうではありません。

汗をかくことは、体温調節やデトックスなど健康に欠かせない能力ですから、きちんと能動汗腺を発達させてあげる必要があるんです。

平均的な一定量の汗をかくことは「多汗症」とは異なりますから、この点を混同しないようにしたいものですね。

コメントする