ワイシャツの黄ばみの落とし方ってある?

夏の暑い時期に入ると、とにかく汗が気になるという方も多いのではないでしょうか。

特にビジネスパーソンの方はワイシャツを着る機会が多いため、脇汗によってできる汗ジミが嫌ですよね。

ワイシャツの汗ジミはどうしても清潔感がないのではないかという印象を与えてしまいますし、特に女性の方は恥ずかしく思うのではないでしょうか。

ビジネスパーソンの方はほぼ毎日ワイシャツを着る機会がありますが、特に薄いブルーやグレーのワイシャツは汗ジミが目立つことになります。

下着のシャツを着ていたとしても外回りに行けば汗はかきますし汗ジミを作らないということは不可能に近いでしょう。

実はワイシャツの汗ジミ、自分が思っているよりも目立っている可能性があるのです。

衣料品販売会社のユニクロが行った調査ではビジネスパーソンの多くが同僚の脇汗、汗ジミが気になっているという結果が出ました。

この調査は20代から50代の社会人1,000人を対象に行われました。

実際に隠しカメラを使って行われた調査では、会議中や打ち合わせ中であっても、同僚の脇汗や汗ジミが気になって内容が頭に入ってこないという結果になったのです。

30分の会議中、6回も脇汗に注目してしまった人もいました。

たかが脇汗、されど脇汗なのです。

脇汗が多い人は、自分の汗ジミだけでなく、脇汗から発生するにおいや、自分がワキガなのではないかという不安とも戦わなければなりません。

ワイシャツに汗ジミが付いていると、見た目からもにおいがきついのではないかと思われてしまうこともあるのでより一層の注意が必要です。

こうしてみるとビジネスパーソンで、脇汗が多いことを気にしている方は何らかの対策を講じる必要があることがわかるでしょう。

もっとも簡単な方法は制汗剤を使うことです。

制汗剤は制汗、殺菌、消臭といった複数の効果があるので、非常に便利です。

さらにワイシャツの色を限定してしまうということもできます。

真っ白のワイシャツを選べば汗ジミが目立ちにくくなります。

根本的な解決策ではありませんが、対応としては良いかもしれませんね。

もし脇汗が多くて悩んでいるということであれば外科的治療を行うことも可能です。

形成外科や美容外科などでは手術を行うことも可能です。

ただし外科手術は最後の手段と言えるでしょう。

ユニクロの調査からも汗ジミを気にする人がかなりいることがわかるので、脇汗が多い方はよく注意して対策を練るようにしてください。

コメントする