やっぱさ年頃にできる汗ジミって気になるよね!どうにならない?

ワイシャツを毎日のように着るビジネスパーソンの方であれば、汗ジミによる黄ばみが気になっているかもしれませんよね。

寒い時期や乾燥している時期であればともかく、ムシムシしている時期には脇汗による汗ジミができることは少なくありません。

一回や二回であれば問題ありませんが、特に色の薄いワイシャツをよく着る方の場合には黄ばみが出てしまうことがあります。

ワイシャツが黄ばんでいるからといって必ずワキガであるとか、臭いということはありませんが、やはり見た目が悪くなることは事実です。

ではどうやったらワイシャツの黄ばみを防止する、もしくは取ることができるでしょうか。

使える実践方式~体験したから間違いない~

ワイシャツの黄ばみを防止するためには、やはり脇汗を抑えるのがもっとも手っ取り早い方法です。

脇汗パットや制汗剤を使って脇汗を少なくするように努力しましょう。

ただし使う制汗剤によっては制汗剤が黄ばみの原因になっていることもあります。

もし黄ばみが気になるのであれば、一度制汗剤を変えてみて効果がないかどうか確かめてみるのもいいかもしれませんね。

では、黄ばみを取るための方法について見ていきましょう。

通常の洗剤では黄ばみを落とせないことも多いので、酸素系漂白剤や重曹を使うのがベストです。

どちらも汚れを浮かせて落とすことができるので非常に効果的なのです。

まず黄ばんでしまったワイシャツをお湯につけておきます。これでより汚れが落ちやすくなります。

酸素系漂白剤と重曹を同じ比率で混ぜ合わせてペースト状にします。

このペースト状の洗剤を黄ばんでしまった部分に塗り込んでいきます。

酸素系漂白剤は熱を加えると漂白力が高められるので、お湯を使うのが効果的です。

さらに黄ばみが頑固な場合には、少し離れたところからペーストを塗り込んだ部分にドライヤーをあてておくとさらに効果的です。

ここまでやったなら、最後は通常通り洗濯機で洗います。

ほとんどの場合これで黄ばみが落ちます。

もしこれでも黄ばみが落ちない場合には鍋で煮洗いすると落ちることがあります。

ただし煮洗いはワイシャツの生地を傷めてしまうこともあるので注意が必要です。

加えて黄ばみを落とすために使うのは酸素系漂白剤です。

ここで塩素系漂白剤を使ってしまうと生地が傷んだり、カラーシャツの場合には色落ちしてしまうことがあります。

ビジネスパーソンの方はワイシャツが商売道具の一つですから、上手に洗って黄ばみに対処していくことが重要ですね。